adv.yomiuriトップページへ

広告事例プレミアムトップ  > SPACEギャラリー  > 内閣府大臣官房政府広報室

SPACEギャラリー

(Thu Jul 27 12:49:00 JST 2017)

朝刊一面左突き出し
内閣府大臣官房政府広報室

朝刊一面左突き出しというスペースの小枠広告です。

〔広告反響調査結果(全体)〕

内閣府大臣官房政府広報室

2017.7.24 朝刊

【読者モニターの広告に対する感想】
  • 自分も輸血に助けられた経験があるので、これを見て一人でも多くの人が協力してくれると嬉しく思う。(男性30代)
  • 自分も家族も入院経験があり、手術などの時、血液が必要である。若い時はよく献血活動をしたので、この広告のことを広めたい。(男性60代)
  • 自分が通っている大学にも定期的に献血バスがやってきます。通学に利用している駅にも献血ルームがあり、よく献血を求めるスタッフの呼びかけを耳にします。今まで関心はあったものの実際に献血したことがないので、これを機に献血ルーム等に行ってみたいと思います。「毎日約3000人が、輸血で命をつないでいる。」という文に心が動かされました。(女性29歳以下)
  • つい先日、献血のお知らせのはがきをもらい、献血してきました。気づけば協力できたりするので、この広告はみんなに気づいてもらう上でとても重要だと思いました。(女性40代)
  • 献血の重要性を簡潔に表した良い広告である。献血キャラクターに目を留め、初めての献血をして見ようと思う若い人も多いだろう。(女性60代)

広告接触状況 (有効回答者<新聞購読者> n=233)(単位:%)

広告接触状況グラフ

広告評価 (当該刊保有者 n=228)(単位:%)

広告評価グラフ

調査前企業(ブランド)認知者
(当該刊保有者 n=228) (単位:%)

調査前認知者 計 78.9
  事業内容(商品内容)まで知っている 43.4
  名前は聞いたことがある 35.5
この広告を見て初めて知った 16.2

広告商品の購入意向・経験
(当該刊保有者 n=228) (単位:%)

購入意向者 計 (1)+(2) 44.7
購入経験者 計 (1)+(3) 30.3
(1) 購入・利用の候補にしてもよい
(購入・利用経験あり)
25.9
(2) 購入・利用の候補にしてもよい
(購入・利用経験なし)
18.9
(3) 購入・利用の候補にすることはないと思う
(購入・利用経験あり)
4.4
(4) 購入・利用の候補にすることはないと思う
(購入・利用経験なし)
16.2
(5) この広告ではあてはまらない 34.6

広告による態度変容
(当該刊保有者 n=228) (単位:%)

初めて『広告主名・商品ブランド名』を知った 12.3
あらためて『広告主名・商品ブランド名』に注目した 49.1
『広告主名・商品ブランド名』のホームページを見たいと思った 7.0
インターネット(ホームページ以外)で比較したり、調べてみたいと思った 1.8
店頭で確認しようと思った 3.5
まわりの人と話題にしたいと思った(ブログ、SNSの発信含む) 3.1

広告の印象
(当該刊保有者 n=228) (単位:%)

デザイン 目立つ 13.2
  センスがよい 2.2
コピー 文章が読みやすい 17.5
  文字の大きさがちょうどよい 18.4
心理的受容度 共感できる 29.8
  説得力がある 30.7
  よい広告を出していると思う 26.8
関与度 自分たち向けの 7.9
  役に立つ 26.8
オリジナリティ 個性的である 2.6
  おもしろい 0.0
タイミング タイミングがよい 1.8
  話題性がある 5.3

他の媒体での同一内容接触経験
(当該刊保有者 n=228) (単位:%)

接触経験あり 計 44.7
  この広告以外の新聞記事・広告で見た 11.8
  新聞の折込チラシで見た 4.4
  テレビ番組・CMで見た 7.9
  ラジオ番組・CMで聞いた 2.2
  雑誌記事・広告で見た 2.2
  交通広告(駅・電車など)や 屋外・店頭広告で見た 10.5
  インターネット(パソコンや携帯など)で見た 4.4
  その他のもので見聞きした 19.3

※『広告主名・商品ブランド名』は、実際の調査では『献血のお願い 政府広報』と尋ねています。