adv.yomiuriトップページへ

広告事例プレミアムトップ  > SPACEギャラリー  > 内閣府大臣官房政府広報室

SPACEギャラリー

(Tue Sep 05 11:46:00 JST 2017)

朝刊一面左突き出し
内閣府大臣官房政府広報室

朝刊一面左突き出しというスペースの小枠広告です。

〔広告反響調査結果(全体)〕

内閣府大臣官房政府広報室

2017.8.15 朝刊

【読者モニターの広告に対する感想】
  • 終戦の日に合わせて掲載される「戦没者追悼式」の政府広報は、例年おなじみのものだが、あらためて見ると、それはそれで大事な、必須な広告であると思った。(男性40代)
  • 毎年この日の広告を見て平和の尊さを確認しています。今年も黙とうしました。(男性60代)
  • 過去の戦争で大事な命を失った方々を追悼すると同時に平和を守ることの大切さを再認識する日だと思いました。(女性30代)
  • 日本国民のかなりの割合の人が、8月15日が終戦記念日だということを知らないというニュースをテレビで観ました。戦争の悲惨さを忘れない為にも、これからもずっとこのような告知を続けていくべきだと感じました。(女性40代)
  • 忘れてはいけない日だと思うので、小さな枠でもこの政府広報の告知記事は有意義だと思いました。(女性60代)

広告接触状況 (有効回答者<新聞購読者> n=229)(単位:%)

広告接触状況グラフ

広告評価 (当該刊保有者 n=225)(単位:%)

広告評価グラフ

調査前企業(ブランド)認知者
(当該刊保有者 n=225) (単位:%)

調査前認知者 計 79.1
  事業内容(商品内容)まで知っている 46.7
  名前は聞いたことがある 32.4
この広告を見て初めて知った 16.4

広告商品の購入意向・経験
(当該刊保有者 n=225) (単位:%)

購入意向者 計 (1)+(2) 26.7
購入経験者 計 (1)+(3) 14.7
(1) 購入・利用の候補にしてもよい
(購入・利用経験あり)
13.3
(2) 購入・利用の候補にしてもよい
(購入・利用経験なし)
13.3
(3) 購入・利用の候補にすることはないと思う
(購入・利用経験あり)
1.3
(4) 購入・利用の候補にすることはないと思う
(購入・利用経験なし)
10.7
(5) この広告ではあてはまらない 61.3

広告による態度変容
(当該刊保有者 n=225) (単位:%)

初めて『広告主名・商品ブランド名』を知った 8.4
あらためて『広告主名・商品ブランド名』に注目した 59.6
『広告主名・商品ブランド名』のホームページを見たいと思った 2.7
インターネット(ホームページ以外)で比較したり、調べてみたいと思った 1.8
店頭で確認しようと思った 0.9
まわりの人と話題にしたいと思った(ブログ、SNSの発信含む) 5.8

広告の印象
(当該刊保有者 n=225) (単位:%)

デザイン 目立つ 4.9
  センスがよい 2.2
コピー 文章が読みやすい 18.2
  文字の大きさがちょうどよい 17.8
心理的受容度 共感できる 31.1
  説得力がある 29.8
  よい広告を出していると思う 23.6
関与度 自分たち向けの 6.7
  役に立つ 13.3
オリジナリティ 個性的である 0.9
  おもしろい 0.4
タイミング タイミングがよい 39.6
  話題性がある 14.7

他の媒体での同一内容接触経験
(当該刊保有者 n=225) (単位:%)

接触経験あり 計 46.7
  この広告以外の新聞記事・広告で見た 10.2
  新聞の折込チラシで見た 2.7
  テレビ番組・CMで見た 32.0
  ラジオ番組・CMで聞いた 3.1
  雑誌記事・広告で見た 1.8
  交通広告(駅・電車など)や 屋外・店頭広告で見た 0.0
  インターネット(パソコンや携帯など)で見た 2.2
  その他のもので見聞きした 8.9

※『広告主名・商品ブランド名』は、実際の調査では『戦没者を追悼し平和を祈念する日』と尋ねています。