adv.yomiuriトップページへ

広告事例プレミアムトップ  > SPACEギャラリー  > 内閣府大臣官房政府広報室

SPACEギャラリー

(Fri Sep 08 09:50:00 JST 2017)

朝刊一面左突き出し
内閣府大臣官房政府広報室

朝刊一面左突き出しというスペースの小枠広告です。

〔広告反響調査結果(全体)〕

内閣府大臣官房政府広報室

2017.9.4 朝刊

【読者モニターの広告に対する感想】
  • 文字が大きくて読みやすく、伝えたいアプリのこともある程度わかりやすくて、いい広告だと思った。何でもかんでも確かに救急車を呼ぶのは問題だと感じた。(男性30代)
  • 消防職である私も以前から適正利用を訴えてきているが、なかなか効果が上がらない。今回のように広告も定期的に出し、多くの方が繰り返し見てほしいと思った。(男性50代)
  • 本当に救急か?と投げかけているのが、救急車の利用が正しいか考えるきっかけになり、Q助のアプリで、判定の目安を知りたいと思いました。(女性29歳以下)
  • 折に触れこのような広告を出して発信することで、救急車の適正な利用につながると思います。文字が読みやすく、落ち着きのある広告で良い。(女性40代)
  • どの程度で救急車を呼んだらよいのか躊躇してしまうが、このアプリで適正な判断ができるのであれば、社会全体にとって有益だと思います。安易に救急車を呼ぶことを控え、必要な時に即座に救急車を依頼できれば良いと思います。(女性60代)

広告接触状況 (有効回答者<新聞購読者> n=233)(単位:%)

広告接触状況グラフ

広告評価 (当該刊保有者 n=230)(単位:%)

広告評価グラフ

調査前企業(ブランド)認知者
(当該刊保有者 n=230) (単位:%)

調査前認知者 計 61.7
  事業内容(商品内容)まで知っている 32.2
  名前は聞いたことがある 29.6
この広告を見て初めて知った 32.6

広告商品の購入意向・経験
(当該刊保有者 n=230) (単位:%)

購入意向者 計 (1)+(2) 45.2
購入経験者 計 (1)+(3) 14.8
(1) 購入・利用の候補にしてもよい
(購入・利用経験あり)
13.0
(2) 購入・利用の候補にしてもよい
(購入・利用経験なし)
32.2
(3) 購入・利用の候補にすることはないと思う
(購入・利用経験あり)
1.7
(4) 購入・利用の候補にすることはないと思う
(購入・利用経験なし)
7.8
(5) この広告ではあてはまらない 45.2

広告による態度変容
(当該刊保有者 n=230) (単位:%)

初めて『広告主名・商品ブランド名』を知った 15.7
あらためて『広告主名・商品ブランド名』に注目した 52.2
『広告主名・商品ブランド名』のホームページを見たいと思った 13.0
インターネット(ホームページ以外)で比較したり、調べてみたいと思った 2.2
店頭で確認しようと思った 0.4
まわりの人と話題にしたいと思った(ブログ、SNSの発信含む) 8.7

広告の印象
(当該刊保有者 n=230) (単位:%)

デザイン 目立つ 7.0
  センスがよい 0.9
コピー 文章が読みやすい 20.9
  文字の大きさがちょうどよい 13.5
心理的受容度 共感できる 30.0
  説得力がある 25.7
  よい広告を出していると思う 26.1
関与度 自分たち向けの 15.2
  役に立つ 47.4
オリジナリティ 個性的である 3.9
  おもしろい 1.7
タイミング タイミングがよい 4.8
  話題性がある 14.3

他の媒体での同一内容接触経験
(当該刊保有者 n=230) (単位:%)

接触経験あり 計 35.7
  この広告以外の新聞記事・広告で見た 10.4
  新聞の折込チラシで見た 0.0
  テレビ番組・CMで見た 11.3
  ラジオ番組・CMで聞いた 0.9
  雑誌記事・広告で見た 2.6
  交通広告(駅・電車など)や 屋外・店頭広告で見た 0.9
  インターネット(パソコンや携帯など)で見た 1.3
  その他のもので見聞きした 16.5

※『広告主名・商品ブランド名』は、実際の調査では『救急車の適正利用』と尋ねています。